ブラックジャック

ブラックジャックの完全ガイド

ブラックジャックとは?

ブラックジャックは世界中で人気のカジノゲームの一つで、「ゲームの基本」とも言われています。ルール自体はとてもシンプルでカードの合計値を21に近づけつつ、21以上にならないようにするだけ。しかしそれに伴うディーラーとの心理戦やゲームの流れを読む必要があるので、プレイすればするほど面白くなってくる深みのあるゲームです。

ブラックジャックをプレイするのにおススメのサイトは?

ブラックジャックは最も代表的なカジノゲームの一つなのでほぼ全てのオンラインカジノでプレイ可能と言えます。まずお得に遊びたいのであれば、特にカジノエックス、ラッキーニッキー、ベラジョンカジノなどがおススメです。

近年日本でも人気上昇中のカジノエックスでは、ウェルカムボーナスパッケージとして初回入金の200%総額最高200,000円を受け取ることが出来るのでとにかくお得にゲームを開始する事が出来ます。

また、一度見たら忘れない独特なアニメキャラクターニッキーがあなたを迎えてくれるラッキーニッキーでも最高999ドルまでの100%マッチボーナスがもらえる「ボーナスコース」を選択する事でお得にプレイを開始する事が出来ます。

更に「業界NO.1」と称するボーナス満点のベラジョンカジノでは、日本のプレイヤー限定で最高$500まで100%の初回入金ボーナスを貰えたり、なんと登録するだけで好きなゲームを試すことが出来る$10ボーナスを貰うことも出来ます!

どのサイトも使いやすくカジノゲームがカテゴライズされているので、お得な特典を賢く使ってブラックジャックを楽しんでみて下さい。

ブラックジャックの歴史

ブラックジャックの名前の起源はいろいろな説がありますが、一番有効とされているのが16世紀後半にヨーロッパで発達したフランス語で「ヴァンテアン」21という意味を持つ家庭用ゲームがもととなり、その後黒のカードとJのカードが高配当というルールが加わってブラックジャックと呼ばれるようになったという説です。

また最初に配られた2枚のカードがAとJの場合にはそれをブラックジャックと呼ぶこともあったために、そこからこの名前が定着したのではないかと言われています。

ブラックジャックの基本

ブラックジャックはオンラインカジノで人気のあるトランプを使ったゲームです。基本的なルールはいたって簡単。自分とディーラーのどちらかが21に近くなるかを競うだけ。カードの合計値が21ピッタリになったときには「ブラックジャック」という場合もあります。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックはカードの合計数がディーラー(プレイ相手)よりも21に近くなる事を競うゲームですが21を超えてもいけません。ディーラーはプレイヤーとディーラーにそれぞれ2枚のカードを配り、その時ディーラー側のカードは一枚が伏せられた状態となっています。プレイヤーは配布された2枚のカードを確認し、更にカードを引くかどうかを決断します。もう一枚引く場合は「ヒット」、カードを引かずにそのままベットする事を「スタンド」と言います。合計地が21を超えてしまう事を「バースト」といい、その状態になると負けてしまう事を意味します。

数え方が少し特徴的で数字はそのままカウントし、Aは1か11のどちらかとして使用可能、図柄の札は全て10としてカウントします。

基本のルールは一旦覚えてしまえばいたってシンプルですが、「ヒット」を選ぶか「スタンド」を選ぶかという心理的駆け引きがブラックジャックの面白みでもあります。

ブラックジャックを無料でプレイするには?

近年日本で人気が増えつつあるオンラインカジノの多くはウェルカムボーナスをオファーしています。それを賢く活用する事で初回入金時のボーナスや登録するだけで無料ボーナスが貰えたりします。

例えばベラジョンカジノでは登録するだけで好きなゲームを試しにプレイできる$10のボーナスを貰うことが出来ます。有効活用して無料でブラックジャックをプレイしてみませんか!?

ブラックジャックに関するヒントとトリック

基本はシンプルなルールのブラックジャックですが色々な裏技が存在します。例えば「ダブルダウン」というベット金額を2倍出来る方法が存在します。これは自分の持ち札に自信がある時に使うと有効な方法とされています。

一方、ヤバイ!と思ったときに使える「インシュアランス」は、ディーラーの最初のカードの表向きになっている方がAの時に使用可能で、相手がブラックジャックになった場合にはベット額とインシュアランスで支払った分を全額取り戻す事が出来ます。しかしディーラーがブラックジャック出なかった場合には保険金は失われてしまうのでここぞというときにだけ使うのがコツです。

また「スプリット」と呼ばれるテクニックは、最初に配られたカードが同じカードだった場合にのみ使用可能です。例えばAが2枚の時にスプリットする事で、その後引く確率が高めの10が来るだけでブラックジャックを完成させることが出来る可能性が高まります。

このようにブラックジャックにはいろいろなテクニックが存在しており、ただ運に任せて21に近い数字になるようにするだけでないところがゲームの面白みでもあります。

ブラックジャックに関しよく聞かれる質問

ブラックジャックで21とはどういう意味?

ブラックジャックは自分とディーラーのどちらかが21に近いカードを持つかを競うゲームです。カードの合計値が21ピッタリになったときには「ブラックジャック」という場合もあります。

ブラックジャックのカードの数え方は?

数字のカードはそのままカウントし、10、J、Q、Kは全て10としてカウントします。またAのカードは1又は11のどちらでもカウントする事が出来ます。

いつスプリットするべきですか?

スプリットは最初に配られたカードが同じカードだった場合にのみ使用可能なテクニックです。例えばAが2枚の時にスプリットする事で、その後引く確率が高めの10が来るだけでブラックジャックを完成させることが出来る可能性が高まるという、勝負時に使用するのがおすすめなテクニックです。

いつダブルダウンするべきですか?

ダブルダウンは絶対にバーストしないと確信出来るときにのみ使用すべきです。また自分の手持ちの札が10点か11点で、ハイカードの8、9、10を追加しようとするときに使うと良いとされています。どちらにしても勝ち率が良くなる分リスクも高いので考えて使用すべきテクニックでもあります。